スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強会ではないんですがね(汗)

ひさびさにボクのオリジナルを作りました!
とりあえず4月半ば開店にあわせてサンプル的に作りました。
3月2日イラストで描いたベースガールが着ているTシャツです!

2009030211070000.jpg

2009030211150000.jpg
当店おなじみのDANGERです!
新バージョンではでっかくプリントしてインパクトを優先しました。
今年のT・ISLANDはインパクトに重点をおいて勝負していきますよ!
上画像は版です。

2009030211170000.jpg
いつも書いてますが濃色地のシャツは2回刷り以上します。
1回じゃ透けてます。
透けたのをつくりたくば1回で。
台には捺染ボンドを吹き付けて固定することをお忘れなく!

2009030212390000.jpg
こんなんできましたぁ。

でこれがベースガールが着ているTシャツ!
P3020110.jpg
微妙に違いますが気にしないでください(汗)

因みに水性インクで刷りました。

店舗が完成したらまた勉強会を始めたいと思っておりますので宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

第8回シルクスクリーン勉強会

第8回シルクスクリーン勉強会

通常2週間に1回の開催だったのですが今回ボクが仕事でいっぱいいっぱいで第7回から3週間たってからの開催になってしまいました。
今回の題材は
「最低限の出費でプリントしよう!」です
まずはシルクスクリーンに最低限必要な版の枠とメッシュ(テトロン)とインクとスキージを探しに浦和のユザワヤに。
0034.jpg

シルクスクリーンの材料はTシャツくんしかないといわれ。。
しかし売ってるのだから一般の人が購入できる最小限の出費だろうと思われ。。
0037.jpg
画像の3点とインクを購入。
購入した物
●スモールスクリーン21㎝×21㎝ 5枚入り¥1,575
●スキージ小 ¥262
●スモールフレーム ¥1,575
●マルチチョイスインク(油性) ¥525
合計金額¥3,937

インクをなぜ油性にしたかといいますと、油性インクは自然には乾きません。
ということは、プリント時に乾かない・目詰まりしないということです。
水性インクは自然に乾いてしまうため、目詰まりがしやすく難しいからです。
初めてプリントをする方はゆっくりと考えながら余裕を持って刷ることができるのでお勧めです。
ボクも今回Tシャツくんの道具を使用するのは初めてなので失敗しないように油性を選びました。

<デザイン>
0035.jpg
シルベンのロゴマークをプリントします。

<セット>
0041.jpg
最低限の出費での製作を目的としていますので露光機は使用しません。
一番下から、週刊マンガ雑誌→黒いマット×3→版→フィルムをゴムで固定しただけです。
画像ではフィルム(OHP)を使用していますが普通紙に黒でプリントアウトしたものでもOKです。

<露光>
0043.jpg
30分くらいでしょうか。時間は晴れてるくもってるでも違うと思いますし短いよりは長い方が失敗がすくないので長めに光にあてました。
0044.jpg
水をあてながら筆でなぜて抜きました。筆は家にある毛筆の筆でも柔らかめのペンキのハケでもなんでもいいです。なにもなければ最初にハケも購入しましょう。

0045.jpg
さて刷ります。インクを取るヘラは買うと出費になるので割り箸です。
0046.jpg
0048.jpg
刷りあがりました~!
0047.jpg
アップ画像です。ちょっとピントが合ってませんね ボケてしまっていますが綺麗に刷りあがってます。
0049.jpg
上でも書きましたが油性はこのまま放置しても乾きませんので安心です。
ただ気をつけないといけないのは自然に乾かないので洋服や手などにつかないようにしましょう。
うっかり手についたままそこいらじゅうを触ると大変なことになります。
刷ったTシャツも刷り部分を触らないようにしましょう。

この後シリコンシートをかぶせてアイロンするわけですが、予めドライヤーで表面を乾かしてからシートをかぶせた方が後々綺麗に出来上がります。アイロンをするわけは、熱を加えて乾燥させるためであって転写プリントのような圧力は必要ありません。軽くのせて30秒くらい放置で大丈夫です。
逆に圧力をかけるとプリント部分がテカテカになってしまいますよ~。
シリコンシートは家にあるクッキングペーパーで大丈夫です。

ということで、枚数をキチンと製作したわけではありませんがワンポイント程度であれば¥4,000前後である程度のクオリティーで100枚くらいはつくれるのではないでしょうか。
もちろんTシャツ代は別ですよ~。

付け加えると、一応ボクはプロです。
本当に初めて刷る場合は、刷る際にシャツにキチンと移行しないとか、刷ったあとにスクリーンにシャツがくっついてきて再度インクごともどってきちゃうとかそういったことが起こるかもしれません。
刷るときは強めに素早く、そして刷った後はすぐにシャツから外す。
なんでしたら刷るとき2回なぞってください。

ということで今回の低予算でシルクスクリーン製作は無事終了しました~。
ご質問などありましたら気軽にコメントかメールしていただいて構いませんよ~!
また勉強会に参加したい!という方はT・ISLANDオーナー瀬川健まで(下記お問い合わせ)メールをください。今からでも大歓迎!!
お問い合わせ
日時や時間は土曜・日曜に変えることも検討しますよ!お気軽にどうぞ!!

第7回シルクスクリーン勉強会

第7回シルクスクリーン勉強会!

前回作ったデザインを修正してデザイン完成。
SIRUBENのマークも勉強会メンバーOさんが作ってきてくれました。

フロントに大きく印刷機のデザインをプリント。
0011112.jpg

バックに作ってきてくれたマークを首元にプリント。
いくつかデザインを作ってきてくれましたが、シンプルなこれに決定。
0011113.jpg

まずはフィルムの作成。
フロントデザインがA4サイズを超えるのでフィルムを2枚出して後でつなぎ合わせます。
DSCN1927.jpg

Oさん慎重に位置をあわせております。
DSCN1928.jpg

さて、合わさったところで。
このまま露光すると合わさった部分がミリ単位で(フィルムの厚さ分)浮いてしまい、つなぎ合わせた部分がぼやけてしまいます。
DSCN1929.jpg

ですので合わさった部分をそのままカットして平面にします。
DSCN1931.jpg

カット部分を合わせてテープで止めます。
これはカットした部分がデザインにかぶっていませんが、デザインをばっさりカットしなければならない場合も同様の方法でやります。
ただし上手く合わせないとつないだ部分に隙間が出来てしまいますので気をつけましょう。
どうしても隙間が出来てしまう場合は裏からテープを貼って隙間部分をマジックで塗るなど工夫しましょう。
DSCN1932.jpg
一般に販売しているプリンター・OHPシートを使用しています。
プリンタPM-3700C(染料) シートJP-OHP10A
プリンターの設定:スーパーファイン→詳細設定→高詳細(黒のみ)

版の表側にフィルムをデザインが反転した向きで合わせ、テープで固定します。
DSCN1933.jpg

さてここからが本番!
こういった細かいデザインの場合はなおさら下記のように小さな漫画本などを組んでやると上手く抜けますよ~。以外に重要なところです。
DSCN1934.jpg

その上に鉄板と漬物石を載せて完了。
ビニールで覆って吸引機や掃除機で吸い取る必要はありません。
これで綺麗に製版することが出来ます。ま~見ててください。
DSCN1936.jpg

露光時間中、店頭でTシャツ選び。
T・ISLAND店頭でハイクオリティーなTシャツを¥525でワゴンセール中!
ギルダンTシャツやジェランの6.2オンスTシャツも混ざってますよ~。
お近くの方は是非ご来店ください。なくなったら終了しちゃいます。
DSCN1937.jpg

さてTシャツも決まったところで露光も完了。
水に版を何分か漬けておいてからハケで抜くっていう方法が主流らしいですが、こういった細かいデザインの場合は特にボクのやり方がオススメです。
水道をぬるま湯で版に当てながらデザイン部分を手でこすって無理やり抜いていきます。
表をこすって裏をこすって表にしたら勝手に抜けていきます。
細かい部分は抜けきれてない場合がありますが、濡れてるうちにエアーで吹いて飛ばしてしまえば綺麗に仕上がります。
DSCN1939.jpg

下はアップ画像
DSCN1940.jpg

刷台にOさんが選んだブラックのTシャツがセットされました!
DSCN1942.jpg

インクを載せて、スキージー(ハケ)でインクをモジモジやってなじませてます。
DSCN1943.jpg

刷りました!
DSCN1944.jpg

黒Tシャツに白インクなので一回ではまだ透けています。
DSCN1945.jpg

一度スポット乾燥機で軽く乾燥。
2回目の刷りを終えて綺麗に出来上がりました。
DSCN1947.jpg

合計4枚刷りました。
黒にターコイズブルー
DSCN1948.jpg

ロイヤルブルーとチャコールグレー
DSCN1952.jpg

そしてそしてバックにはSIRUBENのマーク!!
DSCN1954.jpg

DSCN1955.jpg

あ 今気づいたけどSIRUBEN SHIじゃなくてよかったのかな。。。
まぁ でもいっか!

てな感じで第7回シルクスクリーン勉強会が終了!
勉強会Tシャツも出来たし!あとはメンバー増えればもっと楽しいのになw

てことで
参加したい!という方はT・ISLANDオーナー瀬川健まで(下記お問い合わせ)メールをください。今からでも大歓迎!!
お問い合わせ
日時や時間は土曜・日曜に変えることも検討しますよ!お気軽にどうぞ!!

第6回シルクスクリーン勉強会

第6回シルクスクリーン勉強会

さて本日はいよいよシルクスクリーン勉強会でオリジナルTシャツのデザインの打ち合わせ!
2つのデザインのうちどちらにしようかと悩みまくりました。
2点ともまだ製作途中ですが、完成まで待つのはちょっとだるいので、ぁ だるいわけじゃなく大変なのでこのイメージで選考します。

SIRUBEN001.jpg
T・ISLANDオーナーでもあるボクの作品(決定してからロゴ入れたりとかいじっちゃいましたけど)

SIRUBEN002.jpg
勉強会メンバーO氏の作品

両方共にイメージが違うのでホント悩みました~。
今回は版の製作が難しそうでかえって勉強になるのでは?ということで上の物をプリントすることに決まりました。

そしてもう一つ決まったことが!
このシルクスクリーン勉強会で作った作品のブランド名「SIRUBEN」に決まりました!!
そのまま略しただけですが、なんか響きが汚らしく、そしてエロっぽいということでノリで決まりました!!!!!

次回はいよいよ版を製作します。
ちょっと上級な版作りをご覧にいれます!!

参加したい!という方はT・ISLANDオーナー瀬川健まで(下記お問い合わせ)メールをください。今からでも大歓迎!!
お問い合わせ

第5回シルクスクリーン勉強会

【第5回シルクスクリーン勉強会】

1月24日 7時半より行いました。
正直”行いました”ってほど堅苦しいものではありませんが、、、。w

まずデザインを決めなければいけないということで、近所のロイヤルホストに。
ほろ苦いコーヒーを飲みながら意見を出し合いました。

色々デザイン案はありましたが、せっかくシルクスクリーン勉強会のTシャツということなので、最終的にシルクに関係のあるデザインにしましょうということになりました。
とりあえず刷台をベースにデザインをやることになりました。

お店に帰って4色刷台の写真を、色んな角度から撮りました。
その中から一枚選び、次回勉強会までに出来るだけアレンジしてくることにしました。
思ったよりデザインが細かくなりそう。
この写真をかっこよくしなければならないのだ。
00223472.jpg


次回が楽しみ!
さて、次回デザインと出来れば製版までやりたいと思っております。
参加したい!という方はT・ISLANDオーナー瀬川健まで(下記お問い合わせ)メールをください。
お問い合わせ
プロフィール

KEN

Author:KEN
瀬川 健(セガワ ケン)
8月4日生まれ
A型
■職業
Tシャツショップオーナー
■趣味
映画鑑賞
音楽を聴く
絵を描く
ギター
バイク
料理
■好きな映画
スターウォーズ
ルパン三世・カリオストロの城
ブレイブハート
シンシティー
Vフォーヴァンデッタ
ジブリ全般
<ジブリランキング>
1位 千と千尋の神隠し
2位 風の谷のナウシカ
3位 ハウルの動く城
■好きなハリウッドスター
ジョニーデップ
クリスティーナリッチ
■好きなミュージシャン
オアシス
ニルヴァナ
ローリンヒル
ストレイキャッツ
レッチリ
aiko
ミスチル
CHARA
mihimaru-GT
■好きな画家
葛飾北斎
ダリ
■好きな食べ物
メロン
バームクーヘン
すきやき
えび
チョコレート
■フェチ
帽子
メガネ
Tシャツ
■嫌いなもの
温泉・銭湯(貧血で倒れる!)
イクラ・イワシ・サーモン
※イクラ克服しました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。